半死半生 カレーはココイチ

一介のカレー好きの記録

カラクサカレーのカレー:2017.3.15

書き溜めていたカレーブログはこれで終わり。

この日もカレー好きの同僚とカレーランチ。カラクサはオフィスからちょっと距離があるほうなので、余裕がある時は積極的に行く。やや急ぎの時はカマル。カレー屋さんに選択肢があるだけでも幸せなのに、個人店でしかもおいしい店が多いなんて幸せが過ぎる。

 

f:id:efwy:20170323064441j:image

キーマカレー、ふつう盛り、900円。

 

めちゃくちゃおなかが空いてる時に行っていつか大盛りを食べたい。

あとできれば朝ごはんにも食べたい。

夜も無性に食べたくなる時があるけど、営業日であっても売り切れ閉店したりしちゃうのでなかなかタイミングが合わない。

 

気づけばカラクサカレーに関しては、周りの人たちの赤カレーか黒カレーかという論議を横目に、ここずっとキーマカレーしか食べていない。

最初に赤黒ハーフアンドハーフを食べ、2回目にキーマを食べてアッ自分はキーマカレーが好きなんだ……と気づき、3回目にバターチキンカレーで冒険し、4回目以降はずっとキーマしか食べていない。

 

キーマが好きだ。スパチャンと、このカラクサカレーのキーマが好きだ。

 

また来るねカラクサ〜

ココイチのカレー:2017.3.9

ココイチに3月がやってきた。

2月末でグランマカレーが終わり、特集メニューが入れ替わる3月。わくわくしながら久々のココイチへ。

 

f:id:efwy:20170323064401j:image

手仕込みささみカツカレー、なすトッピング、200g1辛。

 

いや〜〜〜〜〜おいしい

手仕込みシリーズ大好き……

揚げ物大好き……

これが食べられなくなったら泣く……

 

みたいなことを思いながら食べた。

手仕込みとんかつも好きだけど、手仕込みささみカツも大好き。柔らかくてポクポクしててその上サクサクで非の打ち所がないカツ。最高か。最高だよ。

 

手仕込みささみカツはトッピングがたいていなんでも合いそうだから油断ができない。トマトアスパラもいいし、もちろんチーズもよく合うし、思い切ってカニクリームコロッケとかでもいい。

散々迷った末のなすび。ココイチのこの揚げただけのなすびが、またカレーによく合うんだよこれが……なんかココイチ食べたくなってきたな。

 

そういえば最近スープカレーが常設化されたのかな。新しいメニューになってもいつもあるようになった。

アンケートにレギュラーメニューにしておくれって書いたけど、おんなじ気持ちの人が結構いたのかもな。

 

また来るねココイチ

Jintaのカレー:2017.3.8

前日のカマルに引き続き、この日もまたカレーランチ。

さすが烏丸カレー特区。とりわけこの三条通りはカレーを食べられるお店が豊富で、最近できたサントミカレーもそのバリエーションを増やす一助を担っている。

 

cafe Jintaは、烏丸通から三条通りを東へ入ってすぐのところにある、昼も夜も人気のおしゃれカフェ。ランチどきは近隣のオフィスワーカーだけでなく、学生のお客さんも多い。

アクセス良くて、おしゃれで居心地よくて、ランチには野菜がたっぷり摂れてお肉もおいしくておなかいっぱいになる。

 

f:id:efwy:20170323064151j:image

ハンバーグカレーランチ、900円(たぶん)

 

Jintaのカレーはカレーというよりソースっぽい感じ。チキンと野菜がとろとろになるまで煮込まれて、かるくスパイスで味付けされた、トマトベースの優しいソース。カフェごはんらしいカレー。

ハンバーグもおいしい。

あと柔らかめに炊かれた雑穀米もおいしい。カレーには硬めのご飯が合うことを信念とする派閥に属しているけど、Jintaのカレーにはこのご飯が良く合っていると思う。

 

カフェのカレーといえば、さんさかのカレーにキーマが加わったらしいという噂を聞いたのをいま思い出したので書いとこう。そして近々さんさかへ久しぶりに行ってみよう。

 

また来るねJinta〜

カマルのカレー:2017.3.7

書き溜めていたカレーブログを消化。

北九州へ向かう夜行船から。

 

もうすぐ退職するカレー好きの同僚と、週に1〜2日カレーランチをしているんだけど、それももうすぐおしまい。

春だな〜

 

f:id:efwy:20170323064003j:image

バターチキンカレーSSサイズ、ビーフカレーちょい盛りつき。

 

会社のえらい人(カレー好き)が推奨するカマルのバタチキの食べ方がこれ。

バタチキはスパイスたっぷりなんだけど辛味的な刺激はほとんどなくて、辛いものが全然食べられない人でも問題なく食べられるのがいいところ。

ただ辛いもの好きな人には全く物足りない。カレーとして完成されているだけに。

なので対極にある激辛ビーフカレーを、ちょい盛り(料理番組とかで出てくる調味料が小分けにされてるあのちっさいガラスの器によそってもらう)で頼むのが良い。

 

このちょい盛りビーフを、ごはんとバターチキンカレーとの境目にちょっとずつかけながら、三者を混ぜつつ食べる。

店長さん推奨の食べ方。おなか空いてきた。

 

もちろんビーフカレー単体でも注文できるしおいしいんだけど、よっぽど辛いものに耐性がないと食べきれないことがあるので、ちょい盛りから試してみるのが個人的にはおすすめ。

ちなみに私はビーフシングルでは食べられない。頑張ったらなんとか食べられるレベルだけど、心身にダメージを負うのでやらない。

一方で、カマルのビーフよりスパイスチャンバーのキーマのがだめだわと言う人もいる。前者は唐辛子主体、後者はその他の多種多様のスパイス主体なので、辛さの種類がそもそも違うから、そのせいなんだろな。

 

カマルの記事、もう何度か書いたので書くことないやろと思ってたけど全然あった。生活圏内にカマルがあってほんとによかったなってもう何度思ったかわからない。

 

また来るねカマル〜

共栄堂のカレー:2017.3.4

三鷹の森ジブリ美術館へ行く前に、幸運なことにカレーチャンスを得た。
 
正確には昼に食べる予定だった藪そばを、酒好きの妹に「蕎麦飲みはいいぞ」と勧めておき、お昼にカレーをねじ込んだ。
だってカレーが食べたかったのだ。東京で。神保町で。
 

f:id:efwy:20170305003800j:image

海老カレー、普通盛り。1350円。

ついったーで、東京住まいのカレー好きの先輩に勧めてもらったカレー屋さん。
神保町のスマトラカレー店、共栄堂。
スマトラカレーなんて初めて聞いたし、その存在を知ったからには、どうしても食べたくなった。

カレーは数種類あって、どれもメインの具材に合わせてルーを調整しているらしく、確かに一口もらって食べたチキンカレーやビーフカレーは、まったく別物のカレーだった。辛さの度合いも違えば、そもそもの出汁的なところのベースから違う気がする。

ただどの種類でも共通して、スパイスが炒め合わされた時の焦げ感と玉ねぎや人参がとろとろになった時の甘さが絶妙に溶け合っていて、驚きと同時にカレールーの真の姿のようなものをそこに見た気がした。

一言で言えば、かなりおいしかった。

夢中で食べてしまって、普段はどんなカレーも味わって一皿15分以上はかけて食べ終えるところを10分足らずで平らげた。伝わりづらいな。 

なんとなく金沢カレーのルーっぽさを感じたけど、あそこまでは癖がなく、もう少し洗練されているような感じ。
金沢カレーも、そのうちインデアンカレーしか食べていないので、もしかしたら見た目の色くらいしか共通点はないのかもしれない。

 

f:id:efwy:20170305010731j:image
それにしても驚いたのは、注文してからカレーが運ばれてくるまでの速さ。まあ盛り付けもなんもないもんね。

カレーにコーンスープが付いてきたのも初めて見た。
あとアスパラサラダを頼んだら、ホワイトアスパラだったのも驚きだった。

お客さんの回転が早くて、どんどん新しいお客さんが入ってくる、ランチ時は相席ありありの盛況ぶりにも驚いた。
京都で言うとどこだろなあ。カレー屋さんではこんなとこはないかもしれない。

次に行ったらチキンカレー食べる。たぶんあれが一番おいしい。でも海老カレーも我ながらいいチョイスだったと思う。(大ぶりのゆで海老が4〜5匹入ってた!おいしかった〜)

 

f:id:efwy:20170305010754j:image
上野で見つけたやばい店。怖くてまだググってない。

また来るね共栄堂〜

スパイスチャンバーのカレー:2017.3.3

気温は上がったけど相変わらず風がつめたくてさびーさびー言ってるひなまつり。

新規開拓しよう春だしと言った舌の根も乾かぬうちにスパチャンへ。お昼前のミーティングでキーマカレーの話が出て、無性に食べたくなってしまった。

オフィスから歩いて5分。らっきー。

 

f:id:efwy:20170304083537j:image

キーマカレー、普通盛り、チーズ入り。1100円。

 

昼でもピークを超えてすぐのいいタイミングで行けば、ほとんど並ばなくて済むらしい。

この日は大体13時前に着いて、タッチの差で満席になったので10分くらい待った。

このくらいの時間になると近所で働くひとたちの波がほとんど引いて、観光客が多くなって来るらしい。ちょっと前は欧米の人(主にアメリカ)が多かったけど、最近は韓国台湾の人が増えてきた。

 

午前中はまだmtgしかしてなかったのに、なんだか頭が指でぐーっと押さえられているみたいな感じがするので、しゃんとしようと思ってスパイスを摂取しに行った面もある。

 

ここ数年風邪らしい風邪をひいていないのは、カレーをよく食べているせいじゃないかと思ってる。好きなものが自分の体に合っているのなら、そんないいことはないよな。

 

この日はnew young ponny clubがかかっていた。かっこよかった。

The Bomb

The Bomb

  • New Young Pony Club
  • ポップ
  • ¥250

 

また来るねスパチャン〜

サントミのカレー:2017.3.2

3月のカレー初めは新しいお店へ行った。

 

前の部署にいた時の後任の人に教えてもらって、お昼に一緒に行ってみることにした。

好きなものを好きと公言することの良さは、こういうふうに気まぐれに時々、すてきな情報が運ばれてくるところだ。

 

f:id:efwy:20170302235619j:image

ビーフカレー、素焼きピザつき、800円。

 

サントミという、「イタリアにカレーがあったら?」のコンセプトのもとカレーを作っているらしいお店。

三条富小路上がるにあるのでお店の名前がサントミな可能性と、サン・トミ的な、聖人的な名前からとっている可能性があるけど真相は知らん。

 

イタリアンカレーなんてまた変わり種な……とおもっていたら、だいぶおいしかった!

カレー自体はトマトベースのとろとろビーフカレーで、ピクルスや十六穀米と混ぜながら食べるとおいしさが最高値に達するように計算して作られているんではないかと思う。あとルー自体にほんのりとハーブ感があった。

オリジナルで作り込まれたカレーだけど、変な主張やアンバランスさが全然ない、完成されたカレー。カレーというか、皿単位で見てかなり完成度が高い。

 

店長さんが盛り付けの仕上げにオリーブオイルを振りかけたのを見てムムッ!と思ったけど、そのオリーブオイルがだいぶ合っていた。カレーをもっとおいしくしていた。

テーブルの上になんらかのスパイスと、ハーブを漬けたオリーブオイルがそれぞれ置かれていて、それを自分でかけ足しながら食べられるのもよかった。

素焼きピザは胡麻が練り込まれたピザ生地を焼いたもので、カレーとごはんとピクルスを乗せて一緒に食べたのもおいしかった。

 

お店に入ってすぐのところにある冷蔵庫の中に、ピクルスがぎっしり入った大きなタッパーがいくつも入っているのを見つけた時点で、実はわりと期待値が上がっていた。実際は期待以上だった。

 

ピクルスをちゃんと作っているカレー屋のカレーはおいしい。

スパチャン然り、カマル然り、ココイチ然り。

 

久々に新しいカレー屋さんを開拓した。行ってみたいけどまだ行ったことのないお店も、今月はどんどん行ってみたいな。春だし。

 

サントミ、ビーフカレー以外にも焼きカレーがあるらしいので、今度はそれ食べよう。

また来るねサントミ〜